不動産担保ローンを利用したきっかけは

融資まで時間はかかるが低金利でおすすめ

不動産担保ローン不動産担保ローンのご案内

今回使用したローンの金利タイプは固定金利でしたが、変動金利タイプのローンも用意されていました。
変動金利は景気情勢の影響を受けるのが特徴ですが、景気が安定している状態だと固定金利よりも有利になるそうです。
一般的に高額融資に対応したものは変動金利を導入していることが多いようです。
銀行担当者からの質問に答えて仮審査に通過すると、今度は自宅に本契約の書類が送付されてきました。
ここでは他社のローンやクレジットカードの詳細を入力する必要があり、クレジットカードのショッピングについても記入します。
リボ払いを設定しているとローンのように毎月の支払いが発生するため、カードローンのような扱いになるのでしょう。
本契約も無事に通過すると融資手続きが行われますが、即日というわけにはいきませんでした。
本契約から3週間くらい経過してからの融資となったので、今すぐに借りたい人はキャッシングなどの小口ローンのほうがいいかもしれません。
ただ金利はかなり低くなりますので、時間がかかっても低金利で借りたい方には不動産担保ローンがおすすめです。

高額融資に対応でき低金利の不動産担保ローンに申し込む金利はキャッシングよりも安い融資まで時間はかかるが低金利でおすすめ不動産担保ローンは審査も甘く金利も低かったです