不動産担保ローンを利用したきっかけは

高額融資に対応でき低金利の不動産担保ローンに申し込む

高額融資に対応でき低金利の不動産担保ローンに申し込む金利はキャッシングよりも安い融資まで時間はかかるが低金利でおすすめ不動産担保ローンは審査も甘く金利も低かったです

不動産担保ローンに申し込んだ理由は、キャッシングより高額融資に対応しており、低金利で借入できるからです。
当面は使用する予定のない不動産がありましたから、それを担保にして借りようと考えました。
用途は教育資金で希望額は120万円に設定し、担保にしたのは使用していない建物です。
不動産担保ローンと言えばノンバンク系を思い浮かべるかもしれませんが、借りるなら銀行がおすすめです。
実質年率が固定金利で最高9%台と低く、キャッシングと比べて半分程度でした。
キャッシングだと10%未満の金利で借りるためには300万円以上の借入をする必要があると聞いたことがありました。
またノンバンク系の多目的ローンは総量規制の対象になるので、100万円をいきなり借りるのは現実的ではありません。
キャッシングで100万円借りるのは可能ですが、初回融資では50万円以内になることが多いと聞きました。
30〜50万円くらいの融資になるのが一般的だそうで、目的の120万円を借りるのは難しいと感じたわけです。
不動産を担保にすると聞くと抵抗がありましたが、延滞せずに返済していれば不動産を失うことはありません。
返済シミュレーションをしっかり立ててから計画しましたので、延滞は大丈夫だと思いましたね。